プロポーズされたあなたに!結婚式を自分史上最高に綺麗な姿で迎えるために、今からできることを紹介!ブライダルエステからブライダル脱毛まで!さらに、結婚式までの準備や、結婚式までの気になることなども紹介しています!

結婚式のお金はどれくらいかかるの?ご祝儀で負担はどれくらい減るの?

大手結婚情報誌の調べによると、結納から婚約、新婚旅行までにかかる
結婚の総額費用の平均は、約463万円―

その内訳で、挙式と披露宴・披露パーティーにかかる費用は、約354万となると
結婚にかかるお金の中で、4分の3以上のお金が
結婚式や披露宴での負担ということになりますよね。

 

 

挙式や披露宴は、お祝いやご祝儀も見込めるタイミングですが
実際のところ、お金に関して、ご祝儀で負担は減らせるのでしょうか?

こちらの記事では、先輩カップルたちの声を基に、結婚式のお金
どれくらい必要で、ご祝儀ではどの程度の負担を減らせるのか
という部分について、紐解いていきましょう!

 

 

自己負担額の相場

結婚式のお金はどれくらいかかるの?ご祝儀で負担はどれくらい減るの?

 

 

初めに、結婚式において、自分たちが出す自己負担額
平均的な相場についてご紹介しておきましょう。

あくまでも、そのおおよその金額になりますが
100万円~150万円が最多になっています。

 

 

ただし、その費用のうち、両親による援助などが含まれる場合も多く
実際に自分たちの財布から出すお金は、100万円を下回る
という先輩カップルの声が7割以上であったことも事実です。

このことから、平均的な結婚式費用、約350万円で仮定すると
内200万円を、ご祝儀で賄いたい計算になりますが、実際のところ
ご祝儀で確実にそれだけの金額を賄えるものなのでしょうか?

先輩カップルの多くは、両親からの援助金を自己負担額にカウントし
残りをご祝儀で賄うという、逆算のパターンが多かったので、上記の場合
自己負担額を150万円、ご祝儀分を招待客数から試算できます。

 

 

そもそもご祝儀は気持ちなので、5万円の試算であった上司からの分が
3万円だった、友人が連名で出してくれた
といったケースも、十分にあり得る事態です。

こうした背景から、若干の誤差はあるものの、ご祝儀と自己負担額で賄う
もしくは、足が出ても50万円以内に収めた、という先輩カップルの声が
非常に多いと言えます。

 

 

挙式費用を試算してみる

続いて、実際に、平均的な結婚式を挙げると仮定して
その内訳を以下の条件で、詳しく試算してみましょう!

・仮定条件
自己負担額:150万円  挙式費用額:350万円

 

 

結婚式における平均的な招待客の人数は、約70人程度なので
200万円のご祝儀が確保できる場合、単純に人数で割ると
1人あたり約2万8500円で、平均的な挙式費用からは足が出ません。

また、挙式において見ていくと、招待客1人にかかる金額としては
挙式費用350万円を、招待客数70人で割り、平均5万円ですが
実際は、全招待客に各5万円満額がかかるわけではありません

披露宴の費用は、そもそもの衣装代や会場代、司会や装飾花
写真やビデオ撮影といった、いわゆる固定費と、食事や飲み物
引き出物といった、招待客毎にかかる費用が異なります

 

 

招待客1人あたりにつき、お料理・ドリンクは1万8500円
引き出物は約5,000円が、それぞれの相場になるので
今回は、以下の平均的な例で試算してみましょう。

お料理・ドリンク:1万9000円 / 引き出物:5,000円
招待状・宛名書き等雑費:約3,000円
招待客1人あたりの経費:約2万7000円

 

 

一般的な「ご祝儀の相場」としては、招待客の客層によりますが
主に以下の要領で試算できます。

友人・同僚:2万円~3万円 / 上司・先輩:5万円~7万円
親戚・親族:7万円~10万円 / 合計:約200万円程

 

 

招待客1人にかかるお金は、約2万7000円であるのに対し
ご祝儀の見込み金額が3万円と仮定できれば
招待客1人あたり、約3,000円程の黒字が実現します。

こうした分析から分かる通り、黒字分は、基本的に
会場・衣装等の固定費に回せる計算になることが分かりますよね。

テーブル装花など、若干の手間と費用は必要ですが、それでも
相対的に見ると、招待客が多いほど黒字に近づけられる
という結果にもなります。

 

 

親戚・上司の割合が高ければ黒字傾向

結婚式のお金はどれくらいかかるの?ご祝儀で負担はどれくらい減るの?

 

 

では、親戚や先輩・上司など、一般的に友人たちよりも
額が大きくなりやすいご祝儀についても、確認しておきましょう。

 

 

各部署の部長・課長に出席を依頼し、親戚も多めに招待する
という結婚式の場合であれば、当然、年齢や人数に比例して
ご祝儀が多くなるため、自己負担額が少なくて済みます

また、マナーやモラルといった観点から考えてみると
結婚式への参列を、度々経験している先輩たちであれば
招待する側も、不要なハプニングを減らしやすく、心強いもの。

 

 

筆者自身の後輩の中には、新郎と新婦で、各々の上司や
お世話になった先輩を招待したことで、自己負担額が0円で済んだ
というケースもありました。

比較的大規模な披露宴や挙式に憧れている、というカップルは
極端に自己負担額を無くせずとも、「黒字を増やしてみる」という
ご祝儀ならではの視点でも、様々検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

ご祝儀の実際

最後に、先輩カップルたちが、実際にもらったご祝儀について
そのリアルな声をご紹介しておきましょう!

 

 

ケース1. 友人は3万円と見込んでいたら
     事前の話し合いで決めたのか、一律2万円だった

ケース2. 結婚式費用は全額親に出資してもらったので、当然
     頂いたご祝儀も、全額親の財布に戻った

ケース3. 引き出物に用意した金額以上のご祝儀を頂き
     後々お返しを何にするか、再び悩む羽目になった

ケース4. 外袋には「参萬円」と直筆で書かれてあったものの
     中に入れられていたのは2万円だった

ケース5. お返しに悩む手間を省くため、挙式を完全会費制にしたら
     ご祝儀ではないものの、気持ちを包んでくれる方がいた

ケース6. 地域性にもよるかもしれないが、親戚一同のご祝儀が
     全員一律3万円で驚いた

 

 

このように、多く貰い過ぎても、見込みより少なくても
どちらにせよ悩むのが、先輩たちのご祝儀に対する率直な実感である
ということがよく分かりますよね。

ご祝儀の規模に囚われることのない、ゆとりある結婚式を
実現させるためにも、こうした先輩カップルの声まで
ぜひじっくりチェックしておきましょう!

 

 

結婚式のお金とご祝儀にまつわるまとめ

ここまでご紹介してきた、結婚式のお金と、そのご祝儀に関する
基本的な内容について、いかがでしたでしょうか?

世の中には、あらゆる方法で、結婚式のお金をやり繰りしながら
ご祝儀を上手に活用している先輩カップルが
たくさんいらっしゃることが、よく分かりますよね!

 

 

筆者の友人カップルは、「2人で200万円貯金できたら結婚する」
と決め、結婚資金は全額自分たちで賄い
ご祝儀は新婚生活へ回す、という考え方でした。

このように、終始自分たちでやり繰りし切る、というカップルもいれば
前述した通り、両親が全額負担してくれたカップルも一定数います。

とは言え、どのような挙式の形であっても
招待客からのご祝儀は、あくまでも「気持ち」である
ということだけは、忘れたくないもの―

 

 

多くても少なくても、「頂いて当たり前」という気持ちを断ち
招待客側の中にもまた、様々な状況・配慮の下、「いくら包むべきか」
と悩んでいる人がいることを、覚えておきましょう!

加えて、招待する大切なゲストへ、余計な心配をさせないためにも
交通費・宿泊費など、新郎新婦が負担したい費用については
事前に一言伝えておきたいところ。

非日常に満ち溢れた、結婚式という場だからこそ、改めて
丁寧な金銭感覚の訓練を意識しつつ、挙式のお金とご祝儀について
ぜひあなたも、少しずつ学びを深めてみてはいかがでしょうか?

.

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク