プロポーズされたあなたに!結婚式を自分史上最高に綺麗な姿で迎えるために、今からできることを紹介!ブライダルエステからブライダル脱毛まで!さらに、結婚式までの準備や、結婚式までの気になることなども紹介しています!

結婚費用ってどのくらい必要?結婚費用の平均は?

独身世代の皆さんは、
結婚に向けてどれくらいお金を貯めていますか?

自分の貯金はともかく、
結婚までにお金をどれだけ貯めるべきか?」というのは、
みなさん気になるところですよね。

 

 

近年では、結婚に向けて二人で共同資金として貯める、
お金が目標金額になったら結婚する、
というカップルも多くいます。
 

結婚費用 平均

 

 

結婚費用が貯まるまでプロポーズができないな、と、
一人で考えなくても大丈夫

これからの人生の伴侶となる相手ですから、
相手の考えもしっかりと聞いて、
結婚までの貯金をしましょう。

 

 

ここでは、結婚費用の平均や、
結婚費用の内訳をみていきたいと思います。

 

 

 

 

結婚費用の平均は?

ここでは標準的なパターンで、
これだけあれば大丈夫という貯蓄額を考えていきましょう。

 

 

結婚情報誌の行ったアンケートによると、
94%の人が「結婚費用を貯蓄しておくことは必要
と思っているそうです。

 

 

その理由としては、
親に頼るのは良くない、とか、
理想の結婚式を挙げるにはある程度のお金が必要と思うから、
などが挙がります。

 

 

上を見ればキリがない結婚費用ですが、
ある程度は貯金しておかないと後悔することになりかねません。

 

 

上記のアンケートでは、
結婚イベント(結納や結婚式)にかかった費用平均470万円で、
招待客からもらうご祝儀平均232万円となっています。

 

 

つまり、約240万円は自分たちで支払う必要が出てくるのです。

 

 

ちなみに、結婚費用を二人共同で貯めたというカップルの、
平均貯金額は309万円です。

一人あたり150万円の計算になります。

まずは、二人で300万円目標に貯めていけば良いでしょう。

 

 

結婚費用の内訳は?

結婚費用 平均

 

 

では、結婚費用は具体的に、
どのタイミング支払いが発生するのでしょうか。

支払いのタイミングは大きく分けて5パターンあります。

 

 

1.結婚が決まった時

結納婚約記念品に費用がかかります。

ここで平均して50万円ほどの出費があります。

 

 

地域により異なりますが、結納金を納める場合は、
上記の他に30万円ほどの出費がかかると思ってください。

 

 

2.結婚式会場が決まった時

結婚式場によっては、予約金必要です。

会場決定時に払う予約金の相場としては5~10万円です。

レンタル衣装なども、予約金必要なことがあります。

 

 

式場を決める際には、清算方法も確認しておきましょう。

 

 

3.結婚式の準備期間

引出物結婚指輪演出アイテムなど、
結婚式に必要なものに50万円ほどかかると思ってください。

 

 

会場を通して依頼せずに、外部ショップに頼む場合には、
その都度個別の支払いが発生するので、
支払いのタイミングがばらばらになることを覚えておきましょう。

 

 

4.結婚式直前~当日

ゲストの宿泊費式場への残金清算など、
ゲストの人数にもよりますが、
当日までに200万~300万円必要と思ってください。

当日のご祝儀で賄って清算することも想定しましょう。

 

 

5.結婚式後

結婚式後のお礼状内祝い
結婚式後の2次会の費用などが30万円ほどかかります。

 

 

二次会は会員制にしても、
そこで頂いた会費とは別ご祝儀については、
後日内祝いを贈ります。

 

 

 

 

結婚費用の最後に

お金がなくても結婚はできます。

しかし、結婚費用はあって損することはありません

 

 

結婚のために使えるお金は2つです。

二人の貯金」と「もらえるお金」です。

 

 

もらえるお金とは、
ご祝儀親からの援助お祝い金、の3つになります。

 

 

ご祝儀は結婚式の当日にゲストの方からもらうものです。

親からの援助は、結婚情報誌のアンケートによると、
約7割の先輩カップルがもらっているのが現状です。

さらに、職場組合など、
二人の働いている先からのお祝い金があることもあります。

 

 

これらのもらえるお金がどれくらいかを計算しておきましょう。

結婚は出費も多いけれど、入ってくるお金も案外多いものです。

 

 

また、ゲストが多いほどご祝儀も増えますし、
自己負担額が減ることになります。

 

 

ただしご祝儀は予想より少ない場合もあります。

あてにしすぎず、ありがたく頂戴しましょう。

 

 

会社や労働組合からお祝い金が出る場合は、
申告が必要なところがほとんどです。

忘れずに申告しましょう。

 

 

それ以外ですが、
職場や親族、友人などからお祝いをもらった場合、
約半額のお返しをするのが礼儀です。

お金の計算をするときには、
その分を差し引いて予算に組み込みましょう。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル