プロポーズされたあなたに!結婚式を自分史上最高に綺麗な姿で迎えるために、今からできることを紹介!ブライダルエステからブライダル脱毛まで!さらに、結婚式までの準備や、結婚式までの気になることなども紹介しています!

友達への結婚報告のタイミングは?LINEやメールで伝えるのもOK?

友達への結婚報告は、どんなタイミングでするものなのでしょうか?

友達を式に呼ぶかどうかや、日ごろの付き合いの頻度距離にもよりますね。

結婚情報誌が行ったアンケートによると、
プロポーズ直後に友達に報告をした人が3割を超えていました。
 

友達への結婚報告のタイミングは?LINEやメールで伝えるのもOK?

 

 

ここでは、友達への結婚報告のタイミングや、
LINEやメールで伝えるのはどうなのかを考えていきます。

 

 

 

 

友達への結婚報告のタイミング

まず、本当に親しい友人にはプロポーズの直後に報告し、
その後結婚するまでタイムリーに報告話し合うのが多いケースです。

次に、会社の同僚程度のお付き合いの場合では、会った時のタイミング言葉で伝えるか、
直接電話して言う間柄でもないので、メールで報告だけ済ませるという人が多いです。

 

 

また、結婚式に参列してほしい友人には早めに伝え、
結婚式の時期が決まったらまた連絡するからよろしくね、というパターンが最も多く、
逆に式への参列ではなく2次会から来てほしい程度の友人であれば、
結納後に伝える場合もあるようです。

 

 

いずれにしても、親しさによって結婚の報告をするタイミングは異なるということですね。

報告する友人同士のつながりも考えて、報告をされた友人が不快にならないようにしましょう。

 

 

友達への結婚報告手段

1.メール

今では一般的な、メールでの報告は近年ごく普通になってきています。

ただし、目上の先輩お世話になった友人などには、
失礼にあたる場合がありますので気をつけましょう。

 

 

遠方でなかなか会えない友人や、生活時間帯が合わない友人には、
逆に電話よりもメールの方が相手にとって都合が良い場合があります。

ただし、メールを受け取った側の心情によってメールの伝わり方が異なりますので、
メールした後に電話や実際に会って話すなど、メールだけで終わらせない方がいいですよ。

 

 

また、メールだと一斉送信されているのかな、とか、報告を簡素化されているのかな、
相手に余計な誤解を与えかねません。

メールで報告する際には、相手の名前を入れるなど、
特定の人へ送っているメッセージだとわかるようにしておくといいですね。

 

 

2.ハガキ

手紙だと、文章量が多く、封を開ける手間も必要になります。

ですから、封を開けずとも見られるハガキは重宝しますね。

写真ポストカード印刷してコメントを書けば、もらった方も嬉しくなりますよ。

 

 

メールやSNSでの会話が主流になっている現代で、ハガキで届く報告はインパクトも大。

ハガキが到着したころに電話やメールをするきっかけにもなります。

遠方でなかなか会えなくて、話をしていない友人とも話すきっかけができますね。

 

 

3.電話

直接会えない人へ、電話で伝えるのも1つの手段です。

電話の場合は、相手にも時間を割いてもらう必要がありますので、
相手の時間の都合も気にかける必要がありますよね。

生活時間帯が異なる仕事をしていると、電話するのをためらうこともあるかと思います。

 

 

親しくて、よく電話する間柄であれば、電話での報告もいいですね。

たまに電話をかける間柄だと、かけるまで腰が重たいかもしれません。

 

 

4.SNS

Facebookやツイッターなど、SNSを利用しての報告は、まさに一斉報告

この報告は最終手段として、各所に一通り報告が終わって、最後に報告するのに使いましょう。

SNSに載せる注意点は、自分が報告する気のない人間にも見られる可能性があるということです。

 

 

内容をぼかしたり、細かな内容は省いたりするなど、
誰に見られても良い内容になっているかどうかを確認したうえで掲載してください。

また、結婚はお互いの家同士のつながりでもあります。

SNSに載せる際は、パートナーの了承を得た上で載せましょうね。

 

 

5.LINE

LINEでの報告は、近年増えてきていると思います。

難色を示すのは、年代にもよるかもしれませんね。

最近の20代30代であれば、LINEでの報告にあまり抵抗がないようです。

 

 

以前、TVで「どこまでLINEがゆるせるか」というアンケートをしていました。

世代で異なっており、50代60代のシニア世代は、結婚の報告は許せないと言っているのに対し、
20代30代になると、「親への結婚報告は抵抗あるけど友達にはLINEで報告する」という人が、
6割を超えていました。

 

 

このことからも分かるように、自分が良いと思っても、
相手の世代によっては良いと思われないかもしれませんね。

 

 

早めに結婚報告すべき人達

友達への結婚報告のタイミングは?LINEやメールで伝えるのもOK?

 

 

1.ご両親

まずはご両親へ、結婚のご挨拶はきちんと行いましょう。

今後結婚したら家族になる人達ですから、結婚の報告を機に、
お互いの家同士を紹介しておきましょう。

 

 

2.上司・職場

結婚を機に、退職するなら早めに申し出ておいた方がいいです。

また、退職せずとも結婚を機に部署を変わりたいなど、
現在の仕事に関係する場合は早めに報告した方がいいでしょう。

 

 

3.結婚式に出席してほしい人

結婚式に出席してほしい友人や親せきには早めに報告して、
結婚式に出てほしい旨も伝えておきます。

結婚式の具体的な日取りまで決まっていなくても、
7月中に、今年の秋には、など目安を伝えておけば先方も予定が立てやすいですね。

 

 

4.結婚式で演出をお願いしたい人

結婚式でスピーチや余興をお願いしたい友人にも早めに報告し、
2人のなれ初めなどを伝えておきましょう。

女性側の友人には、ブライズメイドをお願いするのが最近のはやりのようです。

 

 

男性側の友人がサポートするアッシャーという役割が海外であり、
日本でもお願いするカップル達がいます。

ブライズメイドは、花嫁のサポート役として一役買ってもらうほか、
当日の式でも衣裳をそろえ、華やかさを添えてくれます。

 

 

式に出るにあたって、準備が必要な人たちには早めに結婚を報告して、
結婚式当日のお願いも済ませておきましょう。

 

 

 

 

友達への結婚報告のタイミングの最後に

結婚の報告の仕方をいろいろお伝えしてきましたが、
一番嬉しい気持ちや喜びの様子が相手に伝わり、相手も嬉しくなれるのは、
直接会って話すことだと思います。

 

 

それが難しい場合には、他の手段で結婚の報告をするのはどうでしょう。

いずれにしても、めでたい内容の報告です。

報告された側も嬉しくなり、一緒に喜んでもらえるような報告ができるといいですね。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル