プロポーズされたあなたに!結婚式を自分史上最高に綺麗な姿で迎えるために、今からできることを紹介!ブライダルエステからブライダル脱毛まで!さらに、結婚式までの準備や、結婚式までの気になることなども紹介しています!

職場への結婚報告のタイミングは?伝える順番や伝え方は?

パートナーと結婚が決まると、公私ともに報告連絡手続きが必要となります。

特に、働いている場合は会社への報告が必要になります。

職場への結婚報告のタイミングには、順番伝え方があります。

この手順を間違ってしまうとあとあと揉めたりし兼ねません
 

職場への結婚報告のタイミングは?伝える順番や伝え方は?

 

 

ここでは職場への結婚報告のタイミング伝える順番伝え方をお伝えしていきます。

 

 

 

 

職場へは、遅くても3か月前までに報告

結婚は個人的なことなので、会社に報告することもないと考えているのであれば、
それは大きな間違いです。

結婚してからも仕事を続けるのであればなおさらです。

 

 

健康保険の変更や、結婚式後の自分の仕事をフォローしてもらうときなど、
自分が結婚するにあたって、ほかの社員があなたをサポートすることになるはずです。

ですから、直前や結婚後に、事後報告するのではなく、3、4か月前までには報告を済ませましょう。

職場によっては、社員規定によって結婚の際の報告を義務付けている場合があります。

 

 

その他、結婚に伴っていろいろと状況が異なる場合があります。

事前に社員規則を確認しておきましょう。

 

 

職場での結婚報告順序

ここでは、一般的な結婚報告順序を紹介します。

あなたの結婚が必ずしもこのパターンだとは限りませんが、参考にしてみてください。

 

 

1.直属の上司

2.上長への報告(上司が行なう場合もあります)

3.職場への一斉報告(先輩から順番に報告する場合もあります)

4.職場の同僚・友人への報告

 

 

まず、一番に報告すべきは直属の上司ですね。

直属の上司より上の役職については、上司が本人に代わって執り行ってくれることが多いです。

最後に職場の同僚や友人へ報告としましたが、これは外側からうわさが伝わって、
上司に報告が遅れることを防ぐためです。

 

 

上司は部下の仕事に関する動向を知る義務があります。

自分が部下より後から結婚の情報を耳にするのは、メンツが丸つぶれですよね。

まずは、直属の上司への報告、と覚えておきましょう。

結婚後もそのまま働くつもりならば、なおさら、結婚報告は必ず上司から伝えましょうね。

 

 

万が一、友人や同僚に先に報告する場合は、時期が来るまで内密に、とお願いしておきましょう。

逆に、直属の上司に早く伝えておけば、友人や同僚にはその後すぐ伝えることができます。

 

 

職場の同僚や友人への結婚報告

会社や職場の上司への報告を無事に済ませたら、次は親しい同僚や友人へ、
結婚の報告をしましょう。

式場が決まり、おおよその招待客リストを作成する挙式前の3、4ヶ月前に、
結婚報告するのがよいかもしれません。

 

 

ここで気をつけなければならないのは、結婚式に招待する同僚そうでない同僚がいる場合です。

職場の同僚や友人を、もれなく全員招待するならば問題ありません。

招待する同僚や友人と、招待しない同僚や友人がいる場合は、
当然ながら報告の際に配慮が必要です。

 

 

招待する同僚や友人には、結婚の報告の際に、
予定をあけてもらうようにさりげなく頼んでおきましょう。

結婚式には招待しない予定の同僚や友人には、二次会や結婚報告会など、
別の機会でお話しできるようにセッティングできれば問題ありません。

 

 

もし、結婚式に呼ばれる人とそうでない人が仲良しだった場合には、式場の定員を説明し、
呼びたくても呼べない、と説明しましょう。

 

 

結婚の報告のとき職場へ伝えるべき内容

職場への結婚報告のタイミングは?伝える順番や伝え方は?

 

 

結婚報告の際に、伝えるべき内容がいくつかあります。

特に、職場結婚の場合は、同じ職場で働かないように配慮する会社もあります。

特に女性の結婚報告の際、上司が一番気にするのが、今までと同じように働くのかどうかです。

 

 

女性の結婚には引っ越し出産などのライフスタイルの変化が男性よりも著しく、
結婚前と全く同じ働き方を希望しない場合も考えられます。

ですから、職場に報告する際は、
結婚後の仕事の希望や要望を考えたうえで話すようにしたほうがスムーズです。

 

 

結婚相手の職業や職種によっては、転勤することも考えられます。

そのうち転居がある可能性なども、事前に話しておけるといいですね。

パートナー都合によって、自分の異動や転勤、または退職の可能性があることは、
結婚相手がどんな人なのかを紹介するときに、あわせて伝えるのも良いでしょう。

 

 

タイミングとしては、忙しい時間を避けて相手の時間の都合を聞いたうえで報告するとスムーズです。

定期的に、業務計画面談の時期と重なることがあれば、そのときに報告すれば、
会社にとっても自分にとっても好都合ですよ。

 

 

しかし、そんな好都合なタイミングで上司と話す機会があるほうが少ないと思いますので、
結婚が決まったら、早めに上司へ伝えるようにしましょう。

 

 

 

 

結婚の報告の最後に

職場への結婚報告のタイミングや伝える順番、伝え方についてお話してきました。

結婚は、他人同士が家族になるわけです。

周囲へも、もちろん対応が必要になってきます。

何事も、最初にトラブルを抱えてしまうと、後々までトラブルを引きずることになります。

 

 

・報告は早めに

・直属の上司にまず報告

・結婚後の仕事についても話す

この3点に気を付けて、きちんと結婚の報告をしましょう。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル