プロポーズされたあなたに!結婚式を自分史上最高に綺麗な姿で迎えるために、今からできることを紹介!ブライダルエステからブライダル脱毛まで!さらに、結婚式までの準備や、結婚式までの気になることなども紹介しています!

結納と顔合わせ食事会の違いは?両方するの?

結納、という言葉を聞いて、なんとなくイメージがある人がほとんどだと思います。

また、近年主流になっている顔合わせ食事会という言葉も、イメージがつくことでしょう。
 

結納と顔合わせ食事会の違いは?両方するの?

 

 

さて、この結納顔合わせ食事会は、何が違うのでしょうか。

また、両方行うべきなのでしょうか。

ここでは、結納顔合わせ食事会についてお悩みの方へ、参考になるような例を挙げてご紹介していきます。

 

 

 

 

結納とは

そもそも結納とは何なのでしょうか。

結納とは、婚約し、これから結婚することを祝って家族に報告する儀式のことです。

 

 

正式には、仲人を立て、仲介役相談役になってもらうのが慣例でしたが、
両家の費用的負担や、仲人探しの手間などを減らすため、
簡略した結納を行うほうが増えています。

 

 

名字を名乗ることになる方の家(一般的には新郎側)から、
結納金結納品などを納めます。

 

 

そして、家族間の正式な挨拶口上を述べ合います。

正式な結納では、服装についても正装一般的です。

男性なら紋付き袴モーニング女性なら振袖フォーマルドレスなどです。

 

 

結納品や、実施にあたっての作法などには、地域で特色があります。

もし結納を行なう場合には、事前に両家のご両親とよく話し合ったうえで行いましょう。

 

 

顔合わせ食事会とは

顔合わせ食事会は、結納ほど正式な名目はありません。

これから家族になる両家が集まって、交流する場と考えてください。

 

 

結納の代わりで顔合わせ食事会を開く場合には、イベントの記念として、
新郎新婦がお互いに記念品の交換を行うことや、お互いの家同士で記念品の交換などもあります。

 

 

結納する場合で、結納前の打ち合わせを兼ねた食事会だと、
両家の親睦を深めつつ結納以降の段取りを取り決める場となります。

 

 

結納の名残から、新婦側の自宅で行うパターンや、
新婦側の負担を減らすためにレストランやホテルなどで行うケースがあります。

 

 

近年では自宅で行うほうが少ないようです。

食事会には特に服装の決まりはありません

リラックスして、お互いの家の紹介をし、楽しい時間共有できると良いでしょう。

 

 

結納も食事会も両方すべきか

結納と顔合わせ食事会の違いは?両方するの?

 

 

結納顔合わせ食事会も、必ず行わなければならない、というわけではありません。

顔合わせ食事会は、結納ほど厳格に決まりごとはありませんし、
必ずどちらか一方を行なわねばならない、ということもありません。

 

 

結納では一般的に新郎側が結納金や結納品婚約指輪などを準備し、
新婦側結納返しとして現金や記念品を用意します。

 

 

贈るものは地域によって異なります

事前にご両親を交えてしっかりと話し合っておくとスムーズです。

略式結納では結納品をなしとする簡略法もあります。

 

 

婚約指輪に関しては、「戻す」のは縁起が悪いとされているので、
目録の中に記載のみ、というケースが多いようです。

結納を行う場合には、場所決めや仲人への事前挨拶などが必要になりますね。

 

 

一方の顔合わせでは、結納品の代わりとして行う場合には、
お互いに交換する記念品を用意したり、席順を決めたりなど、
会場のセッティングなどを行います。

 

 

当日の会計はスムーズに行えるよう、前もって誰が支払いをするか決めておけば安心です。

結納なしで、顔合わせ食事会のみを行なうパターンも増えてきています。

私の場合がそうでした。

 

 

両家とも堅苦しいのは無しにして、本人たちのやりやすいようにしなさい、
とのことでしたので、結納を省き、顔合わせ食事会のみ行いました。

私の回りにも顔合わせ食事会のみ行い、結納を省くカップルは多かったです。

 

 

両家がそれでよい、という場合は簡単に事が運ぶのですが、
新郎新婦のどちらか片方の両親が結納をやりたい
という場合には結納を行なった方が後々しこりを残さずに済みます。

 

 

【結納と顔合わせ食事会の両方行う場合】

結納と顔合わせ食事会を両方行う場合には、食事会は余計な出費が出ないように、
両親がお互いの家に招きあったり、
食事会の費用を新郎新婦と折半したりするのが多いそうです。

 

 

親とはありがたい存在ですね。

結納顔合わせ食事会の両方を行なう場合は、
結納の前に簡単な顔合わせを兼ねて食事会を開きます。

 

 

この食事会主催に決まりはありません

結婚申し込む新郎(新婦)側が主催しても、新郎新婦主催しても構わないでしょう。

この食事会の席で、結納の具体的な段取りを決めます

特に、仲人を立てる場合にはその人との打ち合わせや挨拶の都合などもスケジュールに入れましょう。

 

 

【顔合わせ食事会のみ行う場合】

結納を行なわず、顔合わせ食事会のみ行う場合は、新郎新婦主催し、
両家を招くのが一般的です。

 

 

私の場合は新郎新婦主催にしましたが、
友人の場合は結婚前にお金を使わないようにと
両家がそれぞれの家に招いて、2度顔合わせ食事会を行なったそうです。

 

 

また、一般的にはホテルやレストランの個室を借りて
2時間程度のコース料理を楽しみますが、必ずしも個室にする必要はありません。

顔合わせ食事会に決まった形式はありませんので、両家が楽しく食事できるかを考えましょう。

 

 

 

 

結納と顔合わせ食事会のまとめ

この記事をご覧の方の中には、顔合わせ食事会すら面倒だ、
と思う人がもしかしたら居るかもしれません。

 

 

でも、結婚したら一生おつきあいする家族の方々です。

一度改めて結納食事会を開き、新郎新婦夫婦になることを認めてもらうとともに、
今まで育ててもらった感謝の気持ちを表しましょう。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル