プロポーズされたあなたに!結婚式を自分史上最高に綺麗な姿で迎えるために、今からできることを紹介!ブライダルエステからブライダル脱毛まで!さらに、結婚式までの準備や、結婚式までの気になることなども紹介しています!

結婚式当日までの過ごし方って?~時間とお金と絆のチェック~

結婚は、結婚式で終わりではなく、その後がお互いの人生の正念場―
結婚式は、お互いが出会い、それぞれの時間のシェアがスタートする
大切な日である、と言っても過言ではありませんよね。

特に、現代の日本において、新たに家族となり、結婚式以降
共に生活していくためには、性別や役割の垣根を超え、それ相応のお金を
管理する能力も、少なからず求められるご時世です。

 

 

そこで、こちらの記事では、結婚式が決まってから
当日までの過ごし方において、お互いが一緒に幸せになるために
チェックしておきたい主なポイントについて、ご紹介していきます!

結婚式が既に決まっているあなたはもちろん、結婚式や結婚生活について
積極的に知りたいというあなたにも、参考にしていただける内容です。

結婚生活の時間とお金に関する疑問を解決する糸口にしながら
ぜひ最後まで、チェックしてみてくださいね。

 

 

結婚式までの時間の過ごし方

結婚式当日までの過ごし方って?~時間とお金と絆のチェック~

 

 

結婚式を執り行う日取りが決まってから、当日までの時間は
長いようで、あっという間に訪れるもの。

もちろん、時間の感覚は人それぞれなので、中には
「結婚式当日までの道のりは長かった」と感じる方もいらっしゃいます。

 

 

ただ、一般的な結婚式当日までのプロセスで言えば
お互いに働いているパターンが多いのではないでしょうか?

そこで、少しでも押さえておきたい、結婚式までの時間の
過ごし方」のポイントを、以下の2点、挙げておきましょう!

 

 

その1.翌日の予定を書き出す

「学生や会社の報告みたいで、なんだか気が乗らない」
なんて感じる方もいらっしゃいますが、キッチリと計画を立てて
そのシナリオ通りの生活を強いるものではありません。

何事においても、できる限り計画的な行動を意識するのに
越したことはありませんが、結論として、最大のポイントは
1日の「大目的」を果たす時間を作れるかどうか、という点です!

 

 

日常的に例えてみると、「明日は洗濯機を回そう」
「今日は帰りに食パンを買いに行こう」等、おおまかな目的で構いません。

この、自分のための目標やゴールを「達成するための時間」を
自ら作ることは、普段の私生活で、現代の人々が不得手とする部分であり
尚且つ、盲点になりやすい部分でもあります。

だからこそ、自分の目標やスケジュールを、日々可視化することで
結婚後も、「悔いのない」時間を増やす習慣に繋げられます!

 

 

その2.メリハリをつける

こちらも同じく、「平日と祝日の過ごし方」のような感じがして
当たり前の事なのでは、と捉えてしまいがちなポイントですよね。

ですが、この「メリハリ」というのは、「自分だけで叶えるもの」と
「相手と共に叶えるもの」、の2パターンで考えられる
ポジティブオンリーなポイントであるのが特徴です。

 

 

結婚することは、「共に生きる」きっかけに過ぎず
全てを1人で完成させていく生活ではないため、そこで重要になるのが
1人であるのか、2人であるのか、という部分であると言えます。

一緒に決める時、一緒に選ぶ時、自分だけで決められる時
自分が選ぶ立場ではない時など、それぞれのメリハリを意識しながら
結婚式の準備」を進めていくことが、2つ目のポイントです。

時間だけでなく、相手の都合上、1人で色々と決めざるを得ない
なんて場合もありますが、なるべくは「自分が進められること」と
そうでないことのメリハリを、最初の時点でつけておきましょう!

 

 

結婚準備において、全てをどちらかが背負う、というのは
お互いの信頼にも関わりかねないため、自立した者同士であるならば
尚更、その自立意識を錬磨する場でもあることを、忘れずにいたいところ。

この、「叶える」という言葉で、生活にメリハリをつけていくことは
結婚生活以外の面でも、常に全体を客観視することにつながります。

また、限られた時間で、どこから何を着手していくのが最善であるか
という部分を把握しやすくなるので、他人と関わる際の
「自己満足」を軽減することにも、繋がるのではないでしょうか?

 

 

結婚式までの「お金のやり繰り」とは?

結婚式当日までの過ごし方って?~時間とお金と絆のチェック~

 

 

予定や目的を可視化し、自分と自分以外の、決定権のメリハリをつける―
と、ここでどうしても無視できない点が、「お金」の問題になります。

 

 

「愛はお金で買えないもの」とは言いますが、その実際、結婚準備を通して
「相手の金銭感覚のリアルを知った」という方は少なくありません

もちろん、すべてをお金で丸く収める、というわけではありませんが
最低限決めておきたいこと、注意しておきたい点をまとめると
主に以下の2点になるので、併せて確認してみましょう!

 

 

その1.お互いに全体予算を見せ合う

「2人で決めるのに、一旦別々に見積もりを出すなんて面倒」
なんて思いがちですが、この部分は手間を惜しまず
ぜひ事前に、確認しておきたい部分の1つになります。

 

 

結婚式場を決めてしまってる方でも、そこからのプランやコース
ロケーションフォトの有無や、ドレス・引き出物、細部は招待状に至るまで
その実際を割り出してみましょう。

そこから、お金に対する感度をお互いに把握してみることで
相手の真の金銭感覚を知ることができるのみならず
今後の生活を、よりクリアなものに近づけていくことができます。

 

 

その2.レシートを残しておく

「会社の経理で散々聞いて耳タコ」なんて方も少なくありませんが
理由は何であれ、「誰かと何かを創り上げる」という時は
この習慣が、まず確実な信頼に繋げやすいものであると言えます。

もちろん、準備を進める中では、「ついでに買った」
という場合も増えてくるので、ここではあえて、「レシートを残す
というポイントのみを、お伝えしておきます。

 

 

レシートを残す習慣は、「家計」の「見える化」を促進する上で
最大の武器になるなので、お金に疎い場合でも
とにかくレシートは残しておくよう、習慣付けておきましょう。

さらにもう1ランク上を目指すのであれば、簡単な「家計簿」を
付けるように心がけることが、オススメの取り組みです!

 

 

「そんなことをしてる時間は無い」という場合であれば、ぜひ
1週間分のレシートをホチキス止めして、ノートに張り付けるだけでも
使ったお金」を目にする時間ができますよね。 

意識は視覚的なものによって変化しやすいのは、脳科学でもよく知られてる
ポイントなので、真剣に一家の家計や今後の財政事情に機敏になりたい方は
ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

結婚生活に向けた絆のチェックを兼ねて実践しよう!

ここまでご紹介してきた、結婚式までの過ごし方とお金の使い方について
少しでも参考にしていただけましたでしょうか?

 

 

簡単なようで難しく、全てが初めてだらけの「結婚式の準備」―
だからこそ、時間とお金は、相手との絆の確認過程である
とさえ、言い換えられるもの。

これからの2人の生活に向けて、ぜひ前向きな気持ちと
新たなチャレンジの場として、時間とお金に関する価値観
一緒にチェックする習慣をつけてみてくださいね!

.

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク