プロポーズされたあなたに!結婚式を自分史上最高に綺麗な姿で迎えるために、今からできることを紹介!ブライダルエステからブライダル脱毛まで!さらに、結婚式までの準備や、結婚式までの気になることなども紹介しています!

結婚指輪(マリッジリング)の由来や意味は?どうやって選ぶの?

結婚を考えているカップルならば、
世の中には結婚指輪(マリッジリング)婚約指輪2種類があることくらいは知っていますよね?
 

結婚指輪(マリッジリング)の由来や意味は?どうやって選ぶの?

 

 

結婚指輪(マリッジリング)とは、
一般的に結婚の証として、男女が身につけるペアリングのことを言います。

ここでは、結婚指輪(マリッジリング)由来意味、そしてどうやって選べばよいかをお伝えします。

 

 

 

 

結婚指輪(マリッジリング)の由来

人類が指輪を使い始めたのはいつのことなのでしょうか。

それは紀元前5世紀古代エジプト時代まで遡ります。

 

 

当時は貝殻宝石などがはめられていました。

エンゲージリングマリッジリングのルーツを遡ると、2000年以上前ローマのようです。

当時は婚約の証しとして、力の象徴であるの素材を贈っていました。

現在のような、愛の証しというよりは契約としての意味が強いものでした。

 

 

2世紀に入ると、貴族階級から徐々にゴールドが普及し始めます。

鉄のリングも依然として多く残っていました。

 

 

9世紀に入り、結婚神聖視する教皇ニコラス1世が、
自らの結婚式で男女の結婚の証しとして指輪交換をしたことが、
結婚指輪(マリッジリング)の始まりです。

花婿には鉄の指輪花嫁には金の指輪を交換したそうです。

 

 

その儀式が現在の指輪交換儀式へとつながっていると考えられています。
デザインは非常にシンプルリングが主流で、
切れ目のない指輪の円い形は「永遠」を象徴しています。

これが二人愛の誓いの象徴とも言われるのです。

 

 

西洋では紀元前から存在していた指輪ですが、
日本に広まったのは鎖国が終わる江戸時代の後期です。

日本結婚指輪(マリッジリング)という文化が伝わり、浸透していったのは、
明治維新以降といわれています。

 

 

特に、第二次世界大戦後は生活様式が大きく西洋化し、欧米風の結婚式が広まりました。

結婚指輪(マリッジリング)をはじめとした儀式の一連は、
その頃から日本でも広く知られるようになりました。

 

 

現在はキリスト教式挙式の際に、ふたりで交換するのが一般的です。

人前式神前式でも、指輪交換をするカップルは多くいます。

身につける場所は、左手の薬指が一般的ですね。

 

 

北欧ドイツ・オーストリアなどでは右の薬指につける場合もありますし、
インドや東南アジアでは、足の指につける地域もあるそうです。

 

 

左手の薬指にはめる理由は、
古代より左手の薬指には、心臓につながる太い血管があると信じられていたからです。

また、薬指には魔力があるとされ、傷や病気を治すことができるとも考えられていました。

 

 

だからこそ、その指にお互いの心をつなぎ永遠を誓う結婚指輪(マリッジリング)をつける、
というワケです。

左手の薬指は、両手の中で一番動きが少ないからというのも理由のひとつにあります。

 

 

あまり使わない指だから、
指輪をしていても傷つきにくく、無くす可能性が少ないというものです。

実はつける指には、はっきりとした決まりはないので、
お互いが納得できる指につけて、ふたりの愛の象徴としてください。

 

 

結婚指輪(マリッジリング)の選び方

結婚指輪(マリッジリング)の由来や意味は?どうやって選ぶの?

 

 

結婚指輪(マリッジリング)は、ふたりの愛の誓いの証であると同時に、
自分が既婚者で、パートナーがいることを周囲に知らせるための印でもあります。

 

 

金額の相場平均10万円ほどで、シンプルなものが多いのが特徴です。

たいていのカップルは結婚式の1カ月ほど前には準備しています。

 

 

結婚指輪(マリッジリング)の選び方は、指輪を贈る男性が、
婚約指輪(エンゲージリング)一緒にオーダーするパターンと、
2人でつける結婚指輪(マリッジリング)なので、
2人選んで決める、という2パターンに分かれるようです。

 

 

ブランドデザインごとに、歴史やさまざまな意味が秘められているものなので、
2人のエピソードと重なる結婚指輪(マリッジリング)を見つける楽しみもありますね。

ずっと身につけるものだからこそ、2人らしいこだわりの一本を探したいですね。

 

 

婚約指輪と一緒にオーダーする場合は、セットリングと言って、
婚約指輪結婚指輪(マリッジリング)セット
はめるとデザインがより素敵になるようなものがあります。

 

 

また、シンプルなデザインの中にも、ダイヤ誕生石を入れられるものや、
プラチナゴールド2色使いのものなど、様々なリングがあります。

 

 

しかし、店頭に並んでいる指輪をその場で買えると思ってはいけません。

指輪は既製品でも文字刻印したりサイズを調整したりする都合があるため、
納期がかかると思ってください。

 

 

店舗などによって異なりますが、既製品の指輪でも2週間から1か月かかります。

完全オーダーメイドの場合は、1か月~半年かかるのが相場です。

選びに選んだ指輪が、結婚式に間に合わない、と慌てることの無いように、
余裕を持ってオーダーしたいですね。

 

 

一生身につけることになる指輪です。

オーダーする前に、パートナーとよく相談して決めましょう。

 

 

 

 

結婚指輪(マリッジリング)についてまとめ

結婚指輪(マリッジリング)を購入する前に、
結婚指輪(マリッジリング)意味由来を知っておけば、
パートナーとの指輪選びもより身近になるでしょう。

 

 

何よりも大切なのは、2人の気持ちとは言いますが、女性にとってリングは憧れです

男性にとっても指輪を渡すシーンというのは、一生に一度の大舞台ですね。

 

 

最高のパートナーと巡り合った後は、
後悔のないように、最高の結婚指輪(マリッジリング)を見つけてください。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル