プロポーズされたあなたに!結婚式を自分史上最高に綺麗な姿で迎えるために、今からできることを紹介!ブライダルエステからブライダル脱毛まで!さらに、結婚式までの準備や、結婚式までの気になることなども紹介しています!

結婚式を考え始めた2人へ〜ブライダルフェアでできるコト7選〜

結婚式についての考えを深める中で、そもそも
結婚式では何ができるのか?」と、疑問を抱く場面は増えるもの。

そんな結婚式についての疑問を解決しようとする時
まずあなたの頭に思い浮かぶ、場所やキーワードと言えば
ブライダルフェア」ではないでしょうか?

 

 

体験コーナーや相談ブースを通して、結婚式に関する疑問を
しっかりと解決してくれるスタッフさんの話をダイレクト聞いてみるのは
ある種の憧れ、という方も少なくありません!

こちらの記事では、そんなブライダルフェアで実際にできる7つのコト
ご紹介している他、現地へ足を運ぶ際に押さえておきたい
3点のポイントについてもお伝えしています。

まだ結婚式への漠然としたイメージしか沸かないあなたはもちろん
いつ・どのブライダルフェアに足を運ぼうかとお悩みのあなたも
ぜひこちらの内容をチェックして、今後のヒントにしてみましょう!

 

 

ブライダルフェアでできるコト7選

結婚式を考え始めた2人へ〜ブライダルフェアでできるコト7選〜

 

 

では早速、ブライダルフェアで実際にできるコト7つ
それぞれのポイントに分けて順番にご紹介していきましょう!

 

 

その1.模擬挙式・模擬披露宴

モデルが当日の流れを実演してくれる、「模擬挙式・模擬披露宴」は
ブライダルフェアの最大の見どころと言っても過言ではありません。

フェアに行く段階では、形式やコンセプトなど、様々なスタイルがあり
どれが自分たちにベストマッチな結婚式であるかも分からず
なかなか腑に落ちない、なんて部分も少なくありませんよね。

 

 

ブライダルフェアという場面でこそ、実際の自分たちの等身大に
近いモデルさんが、当日の流れや動線を演じてくれるのは
実に頼もしく、また学びの1つになるもの!

ぜひあなたも、一連の流れをパートナーと一緒に確認しながら
当日のイメージを膨らませてみてくださいね。

 

 

その2.衣装試着会

主人公・ヒロインにピッタリなドレスを探せる「衣装試着会」も
見逃せないお楽しみポイントの1つであると言えます。

 

 

花嫁はもちろんのこと、パートナーの方にとっても
少しドキドキする見どころの1つが、ドレスの試着ではないでしょうか?

ブライダルフェアの内容によっては、1着のみ、時間単位など
それぞれに制限はかかりますが、こだわりを明確にしつつ
スケジュールに余裕を持った会場を選んでみてくださいね。

 

 

その3.コース料理試食会

結婚式の後に待つ、ゲストにとってのメインイベントと言えば
肉、野菜、魚やデザートなど、色彩豊かな「コース料理」の数々。

 

 

そんな披露宴の場で喜ばれるお料理を、少しだけ味わえる
「コース料理試食会」も、ぜひチェックしておきたい部分です!

自分たちが、友人の結婚式や披露宴に参加した際は
どのような料理を食べていたか、それぞれに思い出しつつ
楽しみながら、お料理の全体像をチェックしてみましょう。

 

 

その4.ヘアメイク体験

普段のメイクとドレス映えを比較・把握できる、「ヘアメイク体験」は
主に女性が、意識して下見しておきたい部分ですよね。

自分の慣れた手つきで施すメイクとは、また異なる雰囲気を体験できるので
自分らしさを探しつつ、理想のドレスとのバランスも意識しながら
ぜひあなたも、ベストマッチなヘアメイクを見つけてみましょう!

 

 

その5.個別相談コーナー

このコーナーに行くためのブライダルフェアと言っても過言ではないほど
参加必須の「個別相談コーナー」では、その名の通り
0から、1つひとつの疑問を解決できるのが、最大の特徴です。

 

 

ドレスやお料理には、どの程度の予算がかかるのか
現時点から予約できるのか、プランはどの内容があるのか、など
細部に渡るチェック項目の主な説明を受けられます。

訪れた会場で、結婚式を挙げる気が無い場合でも
念のため、その後の比較情報として、「個別相談コーナー」だけは
妥協せずに立ち寄るようにしておくのがオススメであると言えます。

 

 

その6.会場環境のチェック

当日の動線や、ゲスト用設備の確認などをはじめ
いわゆる「会場環境のチェック」も、必須項目の1つです。

 

 

一度決めると、当日まで何度も足を運ぶことになる結婚式場―
予定の式場・会場から、レストルームやクロークまでの距離や
お手洗いの位置は、必ずチェックしておきたいところ!

身体的ハンデを持った方や、小さな子ども連れの方など
あらゆるゲストの参加状況を考えながら、会場全体・宿泊先全体の
設備状況に関しても、ぜひ少しずつ確認しておきましょう。

 

 

その7.接客クオリティのチェック

ゲストの視点に立った、スタッフの観察として
「接客クオリティのチェック」も、最低限欠かしたくないもの。

 

 

どれほど最高の結婚式・披露宴を終えても、最終的な感想で
要所要所のスタッフの対応や言動、態度次第で
ゲストからの結婚式の印象は変わってしまいかねません。

「自分の結婚式は、ここで挙行したくない」などと思われては
残念極まりないので、ブライダルフェアでできるコトを活かしつつ
スタッフさんの動線や立ち居振る舞いも視野に入れてみましょう!

 

 

この他、それぞれのブライダルフェアによって、実際に体験できる
内容や期間に多少の誤差はありますが、一般的に多くの結婚式場では
下見を兼ねた体験ができるよう、工夫されています。

その上で、次にご紹介していくのは、そんなブライダルフェアへ
2人で参加する際に、ぜひ気を付けておきたいポイントです。

ぜひパートナーと一緒に、最後までチェックしてから
ブライダルフェアへ足を運んでみましょう!

 

 

ブライダルフェアへ行く前のポイント3点

結婚式を考え始めた2人へ〜ブライダルフェアでできるコト7選〜

 

 

では次に、ブライダルフェア当日に気を付けておきたい
注意すべきポイントについて、全部で3つに分けてお伝えしていきます。

 

 

①チェックリストを持参する

実際にブライダルフェアに足を運んでも
何を知りたいのか」がハッキリしていないお客様には
スタッフさんも概要以外に説明のしようがありません。

「聞きたいこと・知りたいこと・確認したいこと」をまとめた
ノートやメモなどを作っておくだけで、会場での相談もスムーズになり
お互いに心地良い話し合いができます!

 

 

②予算案を絞り込む

厳密に1円単位まで正確ではなくとも、大体の予算案
事前に決めておきたい、というのが正直なところ。

 

 

予定では、500万円以下を希望していたものの
何かと要望が重なり、気が付くつ2~30万円程オーバーしていた
なんてケースは、決して珍しくなく、実際に起こり得ます。

パートナーやお互いの両親との付き合い、信頼関係も考えると
几帳面とまではいかずとも、極端にザルな金銭感覚のままで
話を聞くのは控えておくのが無難であると言えます。

 

 

③動きやすい服装を選ぶ

こちらは女性側によくある課題ですが、カッチリとしたフォーマルで
参加してしまうと、ドレスの試着で大変な事になりがちです。

 

 

ホテルや教会など、フォーマルさにこだわりたくなるところですが
可能な限り、カジュアルフォーマルを目指しつつ
着脱しやすい服装で足を運ぶことを意識してみてくださいね。

また、男女共通のポイントですが、会場内を歩き回る
ブライダルフェアも多いため、基本的には履き慣れた歩きやすい靴
参加するのが好ましいので、この部分も押さえておきましょう!

 

 

ブライダルフェアで結婚式のイメージをチェックしよう!

ここまでご紹介してきた、ブライダルフェアで実際にできるコト
そのポイントについて、少しでも今後の参考にしていただけましたか?

結婚式とは言っても、実際に挙式の当日を迎えるまでは
どんな新郎新婦さんでも、不安と期待が常に入り混じるもの―

 

 

その1つひとつの疑問やアイデアを、スタッフさんと共有するための
前段階とも言えるのが、ブライダルフェアにおける
目に見えない目的の1つではないでしょうか?

「ブライダルフェア」という、結婚式のスタートラインにしながら
まずは、自分たちの理想の結婚式をイメージしておくことが
最も大切になる、ということですね!

.

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク