プロポーズされたあなたに!結婚式を自分史上最高に綺麗な姿で迎えるために、今からできることを紹介!ブライダルエステからブライダル脱毛まで!さらに、結婚式までの準備や、結婚式までの気になることなども紹介しています!

結婚指輪の男女別平均サイズ!特殊サイズの所要時間は?

愛する人からのプロポーズで、いざ結婚が決まった時―
次に待ち受ける大きなアクションと言えば
ずばり、「結婚指輪を選ぶこと」ではないでしょうか?

愛する人と共に身につける、一生モノのペアリングだからこそ
気合いが入りがちな指輪選びですが、一方では
この部分で困る人が多いのも、その実際です。

「長く身につける上で飽きないデザインとは?」
「購入時から、指のサイズが変わってしまったら・・・」など
指輪選び自体に、不安を抱える人は少なくありません。

 

 

ですが、誰もが最初で最後とも言える、結婚指輪選びゆえに
そんな不安だけに振り回される必要はありません。

一生に一度の結婚指輪の購入は、誰もが初心者であり、尚且つ
そんなお客さんを相手に仕事する、専門店やショップの店員さんも
その多くが指輪選びのプロフェッショナル!

サイズやデザインなど、丁寧な案内は、ぜひ頼っておきたいところ―
ですが、実際にショップへ行くまでの間で、スムーズにサイズを選べる
基本的な知識は、ぜひ身に付けておきたいですよね。

 

 

ここでは、実際の指輪を選ぶ前に知っておきたい
結婚指輪のサイズについてご紹介しています!

指輪の平均サイズから、それ以外の特殊サイズ、また選び方のコツまで
あらゆる角度でお伝えしていくので、ぜひあなたも
最後までチェックしつつ、今後の参考にしてみましょう。

 

 

平均的な指輪のサイズについて

結婚指輪の男女別平均サイズ!特殊サイズの所要時間は?

 

 

初めに、婚約指輪や結婚指輪の平均的なサイズについて
男女別に分けながら、その詳細を見ていきましょう。

指輪のサイズには、内径と外径がありますが、基本的には
「内径」、指輪の内側の周囲を指すことが多いと言えます。

 

 

・女性の指輪の平均サイズ:8号~10号

内径は、13mmが1号で、その後、1号上がる毎に
内周が約1mmずつ大きくなるので、8号であれば内径が15.4mm
10号であれば内径が16mm、ということになります。

このサイズ感覚を辿ると、8号と10号における
内周の差は、約3mmあることが分かりますよね!

 

 

・男性の指輪の平均サイズ:13号~18号

男性の指輪のサイズは、女性の指輪のサイズの割り出し方とは
少々異なるので、13号では内径が17mm、18号では内径が18.7mm
という計算になります。

骨格の違いこそありますが、13号から18号までの、数値的な差が
女性のものに比べると、狭いことが分かりますよね。

 

 

これら指輪のサイズを測る際の数や値は、身長や体重
手の大きさや指の太さなどには、さほど相関関係がありません

つまり、体が細くても、指の関節が太い人や
身長の割に手が大きい人がいるのは、何も不思議なことでなく
サイズ感そのものが、本来人それぞれであるということ!

 

 

指のサイズを正確に知りたい時は、指輪を購入する前に
糸や紙などを、自分の指に巻いて、そのサイズを確認してみましょう。

ちなみに、結婚指輪を扱うショップでは、人気が高い平均的なサイズほど
在庫を確保しているお店も多いため、文字や宝石のオプションを付けても
1ヵ月以内で、手元に届くケースが多いと言えます!

 

 

平均外の指輪のサイズについて

では次に、いわゆる平均外・特殊サイズの指輪についても
気になるその実際を、確認しておきましょう。

 

 

もし、指輪をつける指が、極端に細い、あるいは太い場合は
事前に指輪を購入する予定のショップに、直接連絡しておきましょう。

平均的なサイズの指輪であれば、店頭やカタログの商品がありますが
平均外のサイズの場合、デザインによっては、対応が困難になります。

 

 

自分の指のサイズに合った指輪があるかどうか
見合うサイズ展開がなされた商品は、どのくらいあるのかなど
一通り、その全体を確認しておきたいところ!

気になる指輪をピックアップしながら、自分やパートナーの
指のサイズにも当てはめながら、婚約指輪や結婚指輪を選びましょう。

 

 

平均外の指輪のサイズのオーダーについて

結婚指輪の男女別平均サイズ!特殊サイズの所要時間は?

 

 

続いては、そんな平均外の指輪のサイズにおける
特注やオーダーメイドについても、合わせてご紹介していきます。

平均的な指輪のサイズである場合、オプションとして
凝った文字入れや、宝石などを付けるとしても
その基本的な納期で見ると、おおよそ1ヵ月程度であると言えます。

 

 

ですが、こと平均外のサイズになると、店舗内に在庫がなく
製作工場や海外からの取り寄せになるなど、オプションがなくても
1ヵ月以上かかる、なんてケースは珍しくありません。

さらに、そこから文字入れなどのオプションを
追加でオーダーするとなると、前後約3ヵ月程度
余裕を持っておきたいところ。

 

 

もちろん、心配であれば、特殊なサイズのオーダーについて
購入先のショップへ、納期を直接確認してみましょう!

納期については、平均サイズであっても、事前に確認しておいて
損はないポイントであると言えるのではないでしょうか?

 

 

後悔しない指輪の選び方について

では最後に、ぜひ押さえておきたい、婚約指輪・結婚指輪の
後悔しないための選び方を、チェックしておきましょう!

全部で3つのポイントに分けているので、ぜひあなたも
こちらを基に、悔いのない指輪選びを楽しんでくださいね。

 

 

ピッタリのサイズを選ぶ

指のサイズは、意外にも体形の変化に応じて左右されるもの―
ダイエットする予定だから・・・と言って、今のサイズよりも
極端に緩いもの・きついものは、避けたいところです。

結婚式当日に、最も美しく見えるのは、当然
自分の指にピッタリはまったサイズの指輪になるので
後悔しないためにも、指に適合したサイズを選びましょう!

 

 

ショップスタッフにサイズを測ってもらう

指のサイズを、自分で測ってみるのは、あくまでも目安に過ぎず
正確な指輪のサイズは、やはりショップの専任スタッフさんに
測ってもらいたいところですよね。

そうすることによって、自分にピッタリのサイズから
似合う指輪の形などが、より明確に分かります!

 

 

また、遠方のショップや、通販サイトでの購入を
検討されている場合は、大元のショップへ直接連絡を取り
サイズのことを聞いておくのが無難であると言えます。

お店によっては、基本的な指輪のサイズを測る
リングゲージを貸してくれるショップもあるので
こちらも必要に応じて、活用してみてはいかがでしょうか?

 

 

試着は必ず行う

どれだけ時間がかかったとしても、必ず踏んでおきたい
ステップの1つとも言えるのが、指輪の試着です。

1つ目のショップで測ったサイズを基に、別のショップで
相応する指輪をはめると、きつかったりゆるかったり、合わなかった
なんて経験を持つ方は、意外にも少なくないもの!

 

 

指輪ショップによって、同じ号数でも、微妙にサイズが異なり
1号刻みではなく、0.5号刻みや、0.3号単位で
指輪を作っているショップもあるほど、その実際は曖昧です。

見ているだけの物と、それをつけた感覚が、実際には違って感じる
というケースは珍しくないので、気に入った指輪はまず
必ず試着してみた上で、購入の是非を決めるようにしましょう!

 

 

結婚指輪のサイズをチェックしておこう!

ここまでご紹介してきた、結婚指輪のサイズにまつわるポイントについて
少しでも、今後の参考にしていただける内容は、見つけられましたか?

「平均外のサイズだから」、「特殊なサイズがショップにないから」―
こうした悩みを持つ方は、実際問題、少なくありません。

 

 

だからこそ、結婚情報誌やネット、事前にショップへ足を運んで
直接確認してみるのが、確実な方法であるとも言えます。

ただし、指輪のデザインや形によっては、その後のサイズ直しが
不可能となるものもあるので、その部分も、プロであるショップの店員さんに
詳しく確認して、一生モノの結婚指輪を選んでみましょう!

.

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク